活動ニュース

家庭の中から健康と笑顔を

川島さん

小学生の子供が2人おりまして、毎日あわただしくすごしております。
今年は小学校ではインフルエンザの流行がなく、子どもたちも冬中休まずに学校へ行くことができました。

 

ところが先週は週半ばだというのに、家族中で具合が悪い日がありまして。
帰宅後の家族の様子といえば・・・
夫は過労でヘトヘト
私は頭痛(かろうじて夕飯の準備ができました)

 

子ども1 朝からずっと「ダルイ、疲れた」を連発
子ども2 お腹痛い、夕ご飯いらない、寝ると言って寝室へ
でもみんな翌朝には仕事や学校に行ったんですよ。
寝込むほどではないから通勤、通学する。でも体は辛い。
こんな家族イヤですね。不健康家族。

 

痛感したことは、健康でなければ笑顔なんてゼッタイ出てこない!!ってことでした。
身体が辛かったら、何かをしようという意欲もわいてこないんです。
何をするにもまずは身体から。
健康な身体があってこそ、仕事も家事も趣味もできるんですよね。

 

私達NPO法人トータルヘルスサポーターズは「地域に暮らす人々の健康づくり」という社会的使命を果たしていくために2012年11月に設立いたしました。

 

現在の主な活動は被災地ボランティアですが、今後は各会員が自分の得意分野を活用して地元の皆さんに貢献すべく、「健康へのお手伝い」に関する取り組みを増やしていきたいと考えています。

 

その第1弾となったのが、船橋市立法典西小学校の骨盤体操講習会
でした。

 

私は今年小学校で役員をやらさせて頂きまして、そのつながりからカイロプラクティックと健康に関する講演もさせて頂きました。
この活動はカイロプラクターの仲間に協力してもらい、実現したものです。

 

小学校の教室をお借りして、多くのお母様方に向けて、
骨盤の仕組みと働き
骨盤を整えるということと健康との関連
ご自宅でもできる健康骨盤体操
簡単骨盤診断
を主だった内容に講習させて頂きました。

 

集まって下さったお母様方は皆さん様々に身体の不調を持っていらっしゃいました。
肩がこる
首が痛い
腰痛が良くならない
姿勢が悪い
すぐイライラして、子供を怒鳴っちゃう
いつも疲れている

 

「生活できないほどではないレベル」=「未病」のこのような身体の不調が、だんだん耐えられずにひどい状態になって来院される患者様と私達は日々お会いしています。

 

ここまでガマンしなくてももっと早くに対処なさっていたら、
もっと早く改善して、長い期間を笑顔で生活できたろうなぁ、、、
と思わずにはいられません。先日の私達のような状態です。
だからこそ健康の大切さを皆様に伝え、「未病」のうちに身体を整えて頂きたいと思っております。

 

さらにそのために、どのように身体をケアすれば良いのか分からない、という悩みもあるかと思います。
トータルヘルスサポーターズが活動の場を広げ、各会員が自分の得意分野を活用して地域コミュニティや小学校やママさんサポートのような場で

 

骨盤講習会
腰痛予防講習会
産後のお母さんの体を整える
簡単ヨガ体操
アロマオイルで生活に潤いを   etc・・・

 

の活動が増えてくればこのような「未病」の状態ではなく「健康」な生活を送って頂くには何をすればよいのかという情報提供ができるのではないかと考えております。

 

今、市川・船橋・松戸・柏などで、地域コミュニティへ登録するなどして活動の場を広げています。
講演会等のご要望がありましたら是非声をかけて頂きたいと思います。

 

健康で!笑顔で!
私達が皆さんの笑顔のお手伝いをいたします。

 

NPO法人トータルヘルスサポーターズ
理事 川島 和美

カテゴリー: わたしたちの、想い   パーマリンク

活動ニュース

  • THSアーカイブ

  • THSカテゴリー