活動ニュース

皆様の日々の健康づくりの一助となりたいと思っております。

副理事長 高久和巳さん

あるCMで有名になった「未病」とういう言葉があり、
未病とは東洋的な病理概念の言葉で自覚症状も他覚症状も無く、
一応健康であるが、病気に近い健康状態を言います。

 

 

西洋的な考え方から未病を分類すれば未病管理とは、
健康管理又は予防医学の一分野と考えられます。

 

予防医学には、大きく分けて以下の3つがあり、
●第一次予防:疾病の予防(啓発教育、予防接種など)
●第二次予防:重症化の防止(健康診断など)
●第三次予防:再発防止(リハビリテーションなど)

 

特に重要と考えているのが「第一次予防」です。
そのため、一人でも多くの方々に予防医学の概念である「プライマリ・ヘルス・ケア(Primary Health Care、PHC)」が重要となります。

 

「プライマリ」とは「基本的な」「初等的な」「根本的な」などを意味し、
こういった場合では「自分自身に最も身近な」という意味合いになります。

 

ヘルス・ケアは「健康づくりに取り組む」ことを意味します。
プライマリ・ヘルス・ケアとは「自分自身に重要で根本的な、健康づくりの取り組み」と理解することができます。

 

私達「NPO法人トータル・ヘルス・サポーターズ」は多くの方々に第一次予防を推奨し、
プライマリ・ヘルス・ケアの手助けを行うべく、
各地域で簡単な健康についてのセミナー活動を通して皆様の日々の健康づくりの一助となりたいと思っております。

 

今後、ホームページなどの媒体を通して各セミナー活動を告知いたしますので、
プライマリ・ヘルス・ケアにご興味のある方は、是非ご参加いただきたく思います。

 

NPO法人トータルヘルスサポーターズ

副理事長  予防医学普及啓発事業統括リーダー

高久 和巳

カテゴリー: わたしたちの、想い   パーマリンク

活動ニュース

  • THSアーカイブ

  • THSカテゴリー