活動ニュース

梅雨と頭痛

今回の文章作成者 志木クラニオ・カイロプラクティック整体院 勝畑 学先生

tuyuzutuu
 

6月もそろそろ中旬になって参りましたが、梅雨に入ってから体調不良になってしまった方は意外と多いのではないでしょうか?
 
特にこの時期は頭痛に悩まされる方は多いことかと思われます。
 
当院では5月~6月と9月~10月が頭痛で来院される方が増加します。この二つの時期に共通しているのは低気圧の日本列島への居座りです。
 
ところで、頭痛と低気圧には何らかの相関関係があるのでしょうか?

 
頭痛にも様々な種類がありますが、気圧の変動で現れやすい頭痛は片頭痛(片頭痛)だといわれています。
 
脳内では精神的、肉体的ストレス(気圧の変化)を受けると、セロトニンという神経伝達物質が大量に放出されます。
このことで、脳内の血管が収縮し、血流が極端に悪くなります。次にセロトニンが消費され尽くして代謝されると、その反動が起こります。つまり今度は血管が異常に膨らんでしまうのです。
 
脳の血管の周囲には三叉神経(顔面周囲の知覚神経&運動神経)という神経が張り巡らされており、その三叉神経が血管の収縮と膨張により強烈に刺激され、その刺激により脳が興奮してしまうことで片頭痛につながると考えられています。
また、気圧の変化はセロトニンの分泌量を不安定にしてしまうということも片頭痛を引き起こす一因と言われています。
ちなみに、平年の平均気圧を1013 hPa(ヘクトパスカル)とすると、5〜10hPaの変動があると、頭痛が誘発される割合が多くなるそうです。ただし、気圧に敏感な人は、それ以下の変化でも頭痛が誘発されるとのことです。
 
また温度変化や湿度変化が大きいと片頭痛を起こしやすいという報告もあります。
 
実際、細胞レベルの研究でも、皮膚細胞の一種であるケラチノサイトが気圧の変動にあわせてカルシウムシグナルを放出しているなど、天気、気圧、湿度と、皮膚細胞は、外気の気圧や湿度を感知している可能性もあります。
 
この時期はある意味、体調管理がしづらい時期かもしれません。頭蓋骨の整体やクラニオ(クレニオ)などを試されてみてはいかがでしょうか?
 

カテゴリー: ブログ, 健康(癒し・美容), 癒し   パーマリンク

活動ニュース

  • THSアーカイブ

  • THSカテゴリー