活動ニュース

中学生さん カイロプラクティック職業体験

今回のブログは 千葉県 市川市の川島カイロプラクティック 川島和美先生の記事を引用しています。

Feature-work-experience-web700

中学生の職業体験受け入れを行いました。
午前中カイロプラクティックとはどういう施術方法なのか、講義を色々聞いてもらいました。
(なれない話だったので大分疲れたみたいです(^^; )
 
午後はカイロプラクティックで活用している検査とそれに対して
筋トレーニングをしようということになりました。
 
検査は深部伸張反射、徒手筋力検査をやってみました。
伸張反射は難しかったですかね~。
叩く場所が一定にならずに苦労していました。
 
そういえば、私も初めは手がぶれてぶれて苦労したことを今更思い出しました。
慣れてしまって、叩くだけだから簡単かなと思ってしまったのは
ちと、失敗でした。
 
そして自分ではまあ、うまくやってるつもりだったんですが、
気付かないだけで他人がみたら、私の検査の仕方もアラだらけなのかも!
と思うことができました(ー_ー;)。
 
というのも中学生さんが叩くのを見ていて
あっ、もうちょっと直角に!とか
叩いている位置がずれてる!とか
もう少し強く!とか早く!とか
立つ場所はそこじゃない!とか
はたで見ていると何に気を付けなければいけないかということが
たくさんありました!!
何を注意すればよいか気づくことができた感じ。
ありがとう!!
 
上手い人のを見ても「うまいなあ」と思うだけだけで、
自分の悪さ加減を意識できなかったのです。
 
私にとって有益になった職業体験でした。
 
でも子供さんにカイロプラクティックは馴染みがないですよね~(^^;
体調が悪くても、自分たちでどうすればいいか
考える年齢ではないから病院以外では
触れるチャンスが少ないでしょう。
 
まずはカイロプラクティックを知ってもらえて、
「へええ~~!」
と楽しい体験として帰ってもらえたらよいなと考えています。
 
中学生さん、お疲れさまでした。
これからの健康増進にぜひカイロプラクティックをとりいれてください(^^)/
 

カテゴリー: ブログ, , 生活習慣病   パーマリンク

活動ニュース

  • THSアーカイブ

  • THSカテゴリー