活動ニュース

カイロの先生達はナゼ背骨や骨盤をいじくるのか?

今回の文章作成者 志木クラニオ・カイロプラクティック整体院 勝畑 学先生

nerve
 

脳と脊髄(背骨の中です)の中にある神経の塊を中枢神経といいますが、ともに膜に包まれております(硬膜)。
この膜の中を流れている液体を脳脊髄液といいます。
脳脊髄液は無色透明、弱アルカリ性の液体です。
 
脳や脊髄を保護する緩衝材的役割以外に脳の水分含有量を調整しているということは医学的にも知られていました。以前から脳脊髄液は脳の周りを循環して、神経細胞に栄養を与えたり、老廃物を除去する、といったような仮説はあったのですが、ただ液体拡散によって脳脊髄液が循環していると考えられていましたが、単に拡散だけではなく、ポンプのように高速で脳の周りを循環し、中枢神経をきれいに保っているということが新たに明らかになってきた訳です。
 
その仕組みは、グリア細胞と呼ばれる細胞にあり、これらの細胞によって血液から脳脊髄液が吸い出され、また、排出も行う事でポンプとなり、脳脊髄液を回しているということです(グリンパティックと名付けられたそうです)。
 
また、このシステムは頭蓋内が密閉されていないと、きちんと働かないことも分かってきたようです(つまり開頭手術などで頭蓋を開いてしまうと上手く働かなくなってしまうとのことです)。
 
カイロプラクティックやオステオパシーなどではこの脳脊髄液循環システムの起動軸を骨盤内にある『仙骨』と頭蓋骨内にある『蝶形骨・後頭骨』によるポンプ運動であると捉えています。
筋肉や内臓を支配しているのは神経であり、その中枢は上述のように背骨に中にあります。カイロの施術において背骨や骨盤部、頭蓋骨へのアプローチが中心なのはそのためなのです(脊髄液&神経を調整している)。
 
会社という組織で例えていた場合、末端社員にアプローチするのではなく、部長、役員クラスにアプローチした方が組織が変革しますよね?
カイロの先生が背骨を中心にいじる理由がわかりました? 

カテゴリー: ブログ, 健康(癒し・美容), 活動ニュース, 生活習慣病, 身体   パーマリンク

活動ニュース

  • THSアーカイブ

  • THSカテゴリー