活動ニュース

年末大掃除、けがやギックリ腰に気をつけて!

今回のブログは 千葉県 市川市の川島カイロプラクティック 川島和美先生の記事を引用しています。

ぎっくり腰
いよいよ年の瀬が近づいてきましたね。

クリスマス、年末、そしてお正月、ちょっとウキウキしてきます。

そしてその前に気になるのが大掃除ですね~(^_^;A。

皆さんが一番気になる掃除場所はどこですか?

私は、玄関です。

年神様が入っていらっしゃるからここだけでもキレイにしなくちゃ、と思っています(あとはちょこっとだけね)。

さて、その大掃除でけがをする方が多いのをご存知ですか?

救急車で運ばれる人は11月の2倍以上になるそうです。

おもな事故原因は

転ぶ:40%

コードに足を取られる

床においてあった雑誌や新聞紙の上で滑ってしまう

風呂掃除ですべる

落ちる:20%

脚立や椅子にのっていて落ちる

掃除している最中に起きているのが目に見えるようですね。

特に高い所を掃除している時は、一瞬クラッとしただけでもバランスを失いますから

常にどこかにつかまっていることが大切です。

以上の事故は65歳以上の方が多いそうです。

(ここまでの情報は東京消防庁から抜粋させて頂きました)

若い方でも油断できませんよ。

いつも手を伸ばさないような場所の掃除で、体を痛める方も少なくないからです。

高い所に手を伸ばす

低い棚に押し込まれたものを整理していた

不要物の処分で、物を移動させる

「あっ!」と思った時に首や肩、腰などを痛めたことがありませんか?

始めるまでは面倒くさい掃除ですが、始めてしまったからには終わらせたい。

中には数時間かけて、捨てたり・まとめたり・整えたり。

熱中していて知らぬ間に疲れていることがあります。

時期的に身体が冷えてしまっていることもあるでしょう。

そういうときに、体を痛めてしまいやすいものです。

「あともうちょっと」というときに

無理な体勢をしない、時間が長くなってしまわない

ように見切りをつける勇気も必要かもしれません。

大掃除成功の秘訣は

「狭い範囲を1か所だけ」

これを繰り返すのがコツだそうですよ!

カテゴリー: ブログ, 健康(癒し・美容), 生活習慣病, 身体   パーマリンク

活動ニュース

  • THSアーカイブ

  • THSカテゴリー